最近の話。

俺「近頃母親が『彼女作れ』だの『結婚しろ』だの『お見合いパーティーするか』だのウザイわ。」

友人「それはまぁ、母親なりに心配してるんじゃないか?」

俺「心配しすぎだしwww第一相手いねーわwwwあーあ、どっかにいねーのかな。」

その後、友人と好みの女性について話し合うが割愛。
しばらくたち、友人が呟いた。

友人「なあ。もし、お前が一人じゃ便所もいけなくて、食事も出来なくて、寝たきりで、放ってといたら死ぬような身体でさ」

俺「なにそれwww俺重症過ぎwww」

友人「真面目に聞けよ。…まぁそんな死にかけの身体だったとする。そんなお前に一目惚れした女がいた。その女は、お前の世話と言う世話を、自分の事を後回しにしてするんだ。食事も、トイレも、何もかも。お前から何の見返りが無くても、来る日も来る日もずっとさ。その甲斐あって、お前は20年くらいで回復するんだ。そしたら、その女は、お前にもっと若くて良い女を連れて来て、『幸せになれ』といってお前から離れる。もし、こんな女が見合いにいたらどう思う?」

俺「何そのお人好しにも程がある女。そんな聖女みたいなの、いるわけねぇwww」

友人「いや、いるじゃん。」

俺「ハァ?何処にだよ?」

友人は、少し溜めて、こう話す。

友人「お前の母親だよ。」

友人のこの喩えの意味が、しばらく経って分かった時、俺は泣いた。